2017年11月19日 ヨーロッパ選手権 第7戦 in バレンシアサーキット

2017年11月21日 14時15分

ヨーロッパ選手権 第7戦 in バレンシアサーキット


2位表彰台で締めくくったオデンダール選手、
トラブルで10位完走、我慢の最終戦、尾野弘樹選手。


2017 年11 月19 日(日曜日)、スティーブン・オデンダール選手(南アフリカ) と尾野弘樹選手(日本) は2017 年、FIM CEV Repsol Moto2 選手権最終戦、リカルド・トルモ・バレンシアサーキットに挑みシーズンを締めくくった。



南アフリカ人は5番手グリッドから良いスタートを決め、来季2018 年はチームメイトとなるジョー・ロバーツ選手と共にトップ争いをし、後続を率いた。

二人のトップバトルは10分の1秒を争う大接戦となり、観客はすべてのコーナーで熱いバトルを繰り広げる二人の接近戦に大いに興奮。



合計19周で競われた決勝レースが残り9周となったところでチャンピオン争いをしているE. グラナード選手に追いつかれ、スティーブン、ジョー、グラナードの3台によるトップ争いとなった。

最終ラップの第4コーナーで、スティーブンはジョー・ロバーツをギリギリのところで抜き、2位に浮上。

そのまま優勝こそ逃したものの、価値のある2位表彰台を獲得して今シーズン最終戦となるバレンシアを締めくくった。

年間ランキングでスティーブン・オデンダール選手は3位。



他方の日本人、尾野弘樹選手はレース前のウォームアップ走行に引き続き、レース本戦においてもフロントのバイブレーションを解消させることが出来ず我慢のレースとなった。

Moto2初年度ながも大いなるポテンシャルと手応えを随所で残してきた尾野選手にとってはストレスの溜まるレースとなった。

彼のポテンシャルを観客に見せるのではなく、マシンをゴールまで無事に戻すことを優先せざるを得ない状況であったからだ。

尾野選手にとっても本来の走りから1秒半以上遅い1分39秒台というスローペースで周回させることが精一杯。

何とか10 位完走を果たし、6 ポイントを加算しつつ年間ランキング8 位を獲得しシーズンを終えた。


 

選手より一言


#44 スティーブン・オデンダール選手: 2位表彰台獲得!
2017年度年間ランキング3位獲得!


自分にとってはうまくいった週末だったと思います。

総じて私たちは重要な目標を達成できたのではないかと思っています。

もちろん、良い流れで確実なセットアップの進歩が得られたのでレースで勝利できればなお良かったのですが、この週末はもちろん、一年を通して開発が大きく進んだこと、そしてNTSが明らかなステップアップを果たしていると実感できること、2018 年度も世界グランプリという大きな舞台で引き続きこのプロジェクトに関われること、素晴らしいことだと思います。

この場を借りてNTS、そしてメカニックやスポンサーさんを含む本プロジェクトに関わったすべての人にお礼を言いたいです。
 

#76 尾野弘樹選手: 10 位完走
2017 年度ランキング8位獲得!


決勝は10 位で終えました。

序盤からフロントにバイブレーションが出て何度か転びそうになったので、完走することを一番に考えペースを落としてレースを組み立てるしかなく、最後のレースを走り切りました。

ウィークを通してセッティングを詰め切れなかったのが悔やまれます。

今年一年経験させて頂いたことを出し切って、新たな舞台でこれを活かせるように頑張っていきたいと思います。

支えてくれたすべての人に心からお礼を言いたいです。

有難うございました。
 


スポンサー
37565553_1088448397988265_5345322572101713920_n