2021 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第5戦 in 鈴鹿

2021年7月21日 08時09分


第53回 MFJグランプリ スーパーバイクレース in 鈴鹿

2021年
7月17日(土):公式予選 天候:曇り コース:ドライ
7月18日(日):決勝 天候:晴れ コース:ドライ

三重県・鈴鹿サーキット(1周=5.821km)
観客動員数:10,500人(2日間合計)


ST600
#3 小山知良 
予選:2番手(2'13"075)
決勝:優勝

ST1000
#13 伊藤和輝 
予選:6番手(2'09"970)
決勝:4位

 

小山知良が三つ巴のバトルを制し今シーズン2勝目!伊藤和輝は健闘の4位入賞!




全日本ロードレース選手権シリーズ第5戦が真夏の鈴鹿サーキットで開催された。

本来であれば、このウイークは鈴鹿8耐が行われる予定だったが、コロナ禍のため全日本最終戦とチェンジするスケジュールとなったため、全日本のレースがこの時期に行われるのは異例のこと。

事前合同テストはなく、6月アタマに鈴鹿8耐向けのテストはあったが、日本郵便Honda Dream TPは参加しなかった。

小山は、前週にあった一般のスポーツ走行に参加し、レースウイークにできないテスト項目をこなした。

これは結果的に大きく役に立っていた。

ST1000クラスには、今回も伊藤和輝が、世界耐久選手権(EWC)に参戦している高橋裕紀の代役としてエントリーした。



木曜日の特別スポーツ走行から始まったレースウイーク。

小山も伊藤も暑くなったコンディションに合わせ、足回りのセットを進め、着実にタイムを縮めて来ていた。



公式予選では、小山は2分13秒075と僅かに2分12秒台には入れられなかったが2番手でフロントロウを確保。

伊藤も2分09秒台をマークし6番手と2列目からのスタートとなった。



今回の鈴鹿ラウンドに合わせたように梅雨明け宣言が出され、日曜日は暑い一日となったがST600クラスのレースを前に雨が落ちてくる。

スタート進行に入るころには、ほぼ止んでいたが、ウォームアップラップを迎えるころに再び強く雨が落ちてきたためスタートディレイ。

レースは2周減算され、11周で争われることになる。



雨はすぐに止み、ドライコンディションでレースはスタート。

小山は、2番手で1コーナーをクリアするとデグナーカーブ進入で埜口選手をかわしトップに浮上。

そのままオープニングラップを制し、レースをリードする。

しかし、2周目のバックストレートで荒川選手にかわされ2番手に降順。

この時点で早くもトップ争いは、荒川選手、小山、埜口選手の3台に絞られる。



小山は、SUGOの反省点を生かし、荒川選手との間合いを取り周回を重ねる。

5周目にトップに出るものの、8周目には抜き返されるが、レース終盤となった10周目には小山が再び前に出てラストスパートに入る。

小山は、3番手の埜口選手の存在を、うまく使うことを考え、その思惑通りの展開に持ち込むことに成功。

小山は、そのままトップでゴールし今シーズ2勝目をマーク。

シリーズランキングでもトップに躍り出た。


 

伊藤和輝は健闘の4位入賞!



そしてST1000クラスも11周で争われた。

伊藤は、スタートでやや順位を落としてしまいオープニングラップを8番手。

榎戸選手、伊藤勇樹選手とバトルをしながら、集団を抜け出すと単独5番手につけトップグループと遜色ないペースで周回。

そのまま5位でチェッカーフラッグを受けるが、レース後に失格になったライダーがいたため一つ順位が繰り上がり4位という結果を残した。


 

小山知良コメント


スポーツ走行で大がかりなセットを試したのが、よかったですね。

レースウイークに入ってからは細かい部分を詰めていき、サスペンションの方向性も、ちょっとずつですが、いいフィーリングになってきていました。

レースは厳しい戦いになることは想定していましたが、SUGOラウンドと同じ轍は踏まないように考えながら走りました。

マッチレースだったら荒川選手に分があったかもしれません。

全日本に上がってから21年目で、ようやく鈴鹿で優勝ができました。

これも応援してくださっている皆さんのおかげです。

ありがとうございます。残り2戦も全力で勝ちに行くので、引き続き応援よろしくお願いいたします!

 

伊藤和輝コメント


今回も、こうしてレースができることを日本郵便さん、チームの皆さん、そして応援してくださった皆さんに感謝いたします。

鈴鹿は、一度テストをしていましたが、そのときとはコンディションが全く違うので、チームと相談しながらマシンセットを進めて行きました。

すごく僅差なので、予選は2列目までに並びたいと思っていたところギリギリ6番手になることができ、決勝に向けてマシンのフィーリングもよかったのですが、スタートからポジションを落としてしまい、その集団を抜けたときには、トップグループに離されてしまっていました。

そこからは、ほぼ同じペースで走ることができていたので、序盤のペースが課題ですね。

 

手島雄介代表コメント


まず日頃よりご支援頂いております日本郵便株式会社、Honda Dream、NTTコミュニケーションズを始め、多くのスポンサーの皆様に御礼申し上げます。

今回の鈴鹿大会も多くの方々に温かい応援をいただき改めて感謝申し上げます。

レースでは今回もST1000クラスの年間登録ライダー高橋の代役で伊藤和輝が参戦し前回の筑波大会の課題を着実に詰めていき4位という本人にとってもベストリザルトを獲得してくれました。

ST600クラスでは小山がようやく「小山らしい勝ち方」で今季2度目の優勝を飾ってくれました。

また、FIM世界耐久ロードレース選手権ポルトガル大会に参戦していた高橋選手も今季初優勝を飾り、我々にとって国内外で最高の週末となりました。

これも皆様のご理解とご協力の賜物でございます。

後半戦に入り今シーズンも残り2戦になりました、次戦までの1カ月でクオリティを更に高め、皆様により良い価値をお伝え出来ますよう精進して参ります。

今後も宜しくお願い申し上げます。